メニューを飛ばして本文へスキップ

宮崎空港振興協議会

トップページに戻る 宮崎空港振興協議会について宮崎空港について国際定期便のご案内航空ダイヤ・交通アクセス補助制度のご案内リンク集
ホーム>宮崎ブーゲンビリア空港について

宮崎ブーゲンビリア空港について

宮崎ブーゲンビリア空港はこのような空港です

宮崎ブーゲンビリア空港は、昭和18年12月に旧海軍飛行基地として建設され、昭和29年10月に航空大学校の訓練飛行場として開港しました。

宮崎ブーゲンビリア空港は、宮崎市の市街地から南へ約7km、車で15分の位置にあり、平成8年7月、地方空港では全国初のJRによる空港連絡鉄道が開業するなど、交通の利便性が高く、県民に親しまれ、利用しやすい空港となっています。

平成16年10月には開港50周年、平成26年10月には開港60周年を迎え、現在、国内5都市(5路線)、海外3都市(ソウル、台北、香港)と結ばれた国内有数の空港となっています。
なお、開港60周年を記念し、「宮崎ブーゲンビリア空港」の愛称が選定されました。

宮崎ブーゲンビリア空港の写真
所在地
宮崎市大字赤江
空港の面積
1,766,119平方メートル
空港の種別
国管理空港
滑走路
2,500メートル×45メートル
エプロン
16 バース(大型ジェット用5、中型ジェット用1、小型ジェット用2、プロペラ機用2、小型機用6)


航空会社・定期路線 データで見る宮崎空港 宮崎空港のあゆみ