メニューを飛ばして本文へスキップ

宮崎空港振興協議会

トップページに戻る 宮崎空港振興協議会について宮崎空港について国際定期便のご案内航空ダイヤ・交通アクセス補助制度のご案内リンク集
ホーム宮崎空港について>宮崎空港のあゆみ

宮崎空港について

宮崎空港のあゆみ

1943年(昭和18年)12月  旧海軍飛行基地として建設
1954年(昭和29年)10月 国立(現独立行政法人)航空大学校の訓練飛行場として開港
1954年(昭和29年)11月 宮崎−福岡−大阪線開設
1956年(昭和31年)1月 宮崎空港待合所が完成。全国4番目のターミナルとなる
1957年(昭和32年)4月 飛行場の供用開始(A滑走路1,300m・B滑走路1,340m)
1957年(昭和32年)7月 鹿児島−宮崎−大阪線開設
1961年(昭和36年)5月 第二種空港に政令指定
1962年(昭和37年)6月 A滑走路1,500m・B滑走路1,360mに変更告示
1962年(昭和37年)11月 宮崎空港ビル株式会社設立
1963年(昭和38年)3月 宮崎空港ターミナルビル(旧)完成
1963年(昭和38年)7月 鹿児島−宮崎−東京線開設
1964年(昭和39年)4月 A滑走路1,500mの供用開始
1965年(昭和40年)10月 鹿児島−宮崎−名古屋線開設
1966年(昭和41年)3月 A滑走路1,800mの供用開始
1966年(昭和41年)10月 ローカル空港として初めてジェット機(B727-100)が就航(宮崎−東京線)
1967年(昭和42年)1月 宮崎−高知線開設(平成19年1月運休)
1972年(昭和47年)3月 宮崎−松山−岡山線開設(平成17年2月運休)
1973年(昭和48年)10月 宮崎−熊本線開設(昭和58年12月運休)
1976年(昭和51年)7月 宮崎−長崎線開設(平成21年11月運休)
1978年(昭和53年)11月 宮崎−沖縄線開設
1979年(昭和54年)4月 A滑走路1,900mの供用開始
1980年(昭和55年)6月 B滑走路の廃止
1988年(昭和63年)3月 初の国際チャーター便(香港)運航
1989年(平成元年)7月 東京線ダブルトラッキング化
1990年(平成2年)3月 滑走路2,500mの供用開始
  新旅客ターミナルビル完成
1990年(平成2年)7月 ボーイング747型機就航
1992年(平成4年)6月 宮崎−札幌線開設(平成9年11月運休)
1993年(平成5年)4月 大阪線ダブルトラッキング化
1993年(平成5年)11月 宮崎−広島線開設(平成14年11月運休)
1993年(平成5年)12月 新貨物ターミナルビル完成
1994年(平成6年)9月 宮崎−大阪(関西)線 開設(平成19年3月運休)
1994年(平成6年)9月 東京線・大阪線トリプルトラッキング化
1996年(平成8年)7月 JR宮崎空港線開設
1997年(平成9年)12月 宮崎−岡山線開設(平成17年2月運休)
1999年(平成11年)2月 国際線施設開業
1999年(平成11年)6月  旅客ターミナルビル増改築工事完成
1999年(平成11年)10月  空港内に入国管理局宮崎出張所が開設
2000年(平成12年)7月 G8サミット外相会合で、アメリカ、ロシア、ドイツ、イタリア、フランスから政府特別機来航
2001年(平成13年)4月 宮崎−ソウル線開設(アシアナ航空就航)
2002年(平成14年)4月 税関及び検疫所の宮崎空港出張所開設
宮崎−広島西線開設(平成22年10月運休)
2002年(平成14年)8月 宮崎−東京線にスカイネットアジア航空就航
2004年(平成16年)10月 宮崎空港開港50周年
2008年(平成20年)6月 宮崎−台北線開設(エバー航空就航)(平成21年10月運休)
2010年(平成22年)1月 宮崎−台北線にチャイナエアライン就航
2014年(平成26年)10月 宮崎空港開港60周年、愛称として「宮崎ブーゲンビリア空港」を命名
2015年(平成27年)3月 宮崎−香港線開設(香港航空就航)
2015年(平成27年)8月 宮崎−大阪(関西)線にピーチアビエーション就航
2017年(平成29年)12月 宮崎−東京(成田)線にジェットスター・ジャパン就航
2017年(平成29年)12月 宮崎−ソウル線にイースター航空就航

航空会社・定期路線 データで見る宮崎空港 宮崎空港のあゆみ